申請が必要なアライグマ駆除│被害拡大を防ぐ方法

ウーマン

見つけたらどうしたらいい

シロアリ

日本は木造建築が多く建っています。高温多湿の日本では、木造建築での悩みというとシロアリがあります。新築の一戸建てを建てる際にはシロアリが出ないように処置を施し建てることが出来ますが、築年数が経っている一戸建てでは知らないうちに床下や屋根裏などにシロアリが巣を作っていることがあります。日本の害虫ではゴキブリと並んで被害を及ぼすシロアリは、一匹見つけたらその奥には100万匹いるとも言われています。シロアリは別段特別な虫ではなく、公園や地面にはっている黒いありと同じくらいどこにでもいる虫です。地面に巣を作って活動しており、そこから近隣の家に入り込むことも不思議ではありません。シロアリを放置していると、家を喰いつぶされてしまいます。

ありをみつけたら、専門業者に相談することが肝心です。築年数が経っている家・畳や床にすきまができた・雨漏りが起こる・外壁や通気口にひびわれがある・浴室の壁が腐っていたりカビが発生しているといった状態の家の場合、白アリの危険が迫っていることがあります。羽根のついたありを見つけたら、白アリの可能性があります。しかし、個人で床下をくまなく調べたり、巣を特定するのは困難です。ありは湿気の多い暖かい所を好みます。家にとって被害が大きくなる前に、専門の業者を依頼して駆除することをおすすめします。シロアリ消毒剤の散布などを行い、白アリを駆除します。駆除するのと同時にひび割れや雨漏り・亀裂などがある部分を修繕することが大切です。