申請が必要なアライグマ駆除│被害拡大を防ぐ方法

ウーマン

日本家屋の味方

白蟻被害

風での乾燥

日本家屋は基本的に木造住宅が多く床下は、じめじめと湿っている事が多いと思います。この状態を放置しておくと柱や床板等にカビが生えて腐り、家屋の寿命を短くしてしまいますし、シロアリやムカデと言った害虫は湿気の多い場所を好みますので、自然と住み着き易い環境を作ってしまっているのです。 そこで最近は床下換気扇を取り付け強制的に換気を行い、床下を乾燥させるお宅が増えています。床下換気扇が本当に効果があるのかと疑問をお持ちの方も多いと思いますが、簡単に言うと洗濯物を密閉された室内に干した状態と、そこに扇風機を使って強制的に風を送り込んで換気しながら干した状態を比較すると後者の方が圧倒的に乾燥が進みます。床下換気扇も同じで、熱乾燥では無く風をあてて乾燥をさせると言う考えなのです。

設置方法が大切

床下換気扇には吸気側(床下に空気を入れる側)と排気側(床下の空気を排出側)の2種類のファンが必要になります。 一番注意しなければならない事は、床下の壁に建築時からの空気取込み窓が多数ある場合と、建物の老朽化によって壁に隙間がある場合には、そのままの状態ではきちんとした床下換気が出来ない可能性があると言う事です。 床下換気扇の設置場所以外の開放部分については、空気の取込み窓はセメントで埋めたり、小さな壁の隙間であればシリコンを施工して閉め切ってしまい、床下の空気の流れをきちんと一方向に導く様に設置を行います。 施工後に本当に床下換気扇が、外気を吸って取り込んでいるのかを確認するには、煙草の煙を近づけてみてきちんと吸う様であれば問題ないと思います。また、これらの方法を自ら行う場合は、適切な施工法かどうかが重要になってきます。施工方法が悪いとその効果が薄くなってしまいますので、出来れば業者さんに任せた方が良いでしょう。多少の費用は掛かりますが、効果の面ではその方がお得といえます。