申請が必要なアライグマ駆除│被害拡大を防ぐ方法

ウーマン

自分で確認してから依頼

業者

専門の業者に依頼します

白蟻はヤマトシロアリとイエシロアリの2種類がいます。ヤマトシロアリは、北海道の一部を除いて日本全国に分布しています。一方、イエシロアリは、関東地方よりも南の地域に分布しています。ヤマトシロアリと違い、イエシロアリは自ら水分を運ぶことができます。そのため、小屋裏にまで被害が及ぶことがあります。また、活動期は4月から7月といわれています。近所で白蟻による被害が発生している場合には、注意が必要です。なぜなら、白蟻は、土の中に道を作って、そこを移動して活動しているためです。被害のあった建物の周囲半径40メートル程度の範囲で、地中に道がつながっている可能性があります。白蟻の被害が見つかったら、専門の業者に依頼します。

自分で被害を発見できます

白蟻の被害を発見する方法があります。業者に依頼する前に、自分で確認することができることから、人気があります。まず、柱などの木材の柔らかい部分を注意して見ます。小さな穴が無数に空いていないかどうか、木目に沿って虫が食べたような跡がないかどうか、糞がないかどうか、などをよく観察します。これらの項目に当てはまる場合は、白蟻被害の可能性があります。また、木材を木づちなどでたたいてみたときに、中が空洞になっているような音がするときも、木の内部を白蟻に食べられている可能性があります。そこをアイスピックやドライバーなどの先の細いもので突くと、穴があくこともあります。そして、床を踏むとブカブカする場合も、被害が進んでいるおそれがあります。